トウケンホームのWEBマガジンはこちら!

WEB MAGAZINE

WEB MAGAGINE

営業最前線

2021/06/11

中古マンションを買ってリノベーションするときの費用感は?
投稿者: 松本晋
中古マンションを買ってリノベーションするときの費用感は? 写真

中古マンションを買ってリノベーションしたいけど、物件価格はわかるけどリノベーション費用がどのくらいかかるか不安に思う方は多いのではないでしょうか。

結論から申します。

「相談してみないとわからない」

すみません。元も子もないことを言ってしましました。。。

少し詳しく解説いたします。

中古マンション+リノベーションは総額で考えよう

【中古マンション】は立地や広さ、築年数、周辺地価など様々な要件によって価格が決まっています。一概には言えませんが築年数と広さによって物件価格に「高い」「安い」が生まれています。

リノベーションを前提に物件をお探しなら、汚れや古さをさほど気にしなくても良いです。それよりもその家、その土地で暮らすイメージを大切にされたら良いと思います。さらに考慮しなければならないのは、リノベーションとの関係です。

マンションの場合は壁や配管など自由に移動や撤去ができないものもあります。また、管理組合の規定により床材の指定がある場合もあるので注意が必要です。

【リノベーション】は何をどうするかによって費用が決まってきます。手を入れるところが多くなればそれだけ費用が嵩みますし、部材や設備もセレクト次第で費用感が変わります。また、物件の状態によってもかかる費用は異なるため、リノベーションの予算は少し余裕を持ってみておく必要があります。

<総額の一例>

中古マンション(築35年・70㎡)【2500万円】+リノベーション【1000万円】=【3500万円】

中古マンション(築10年・70㎡)【3500万円】+リノベーション【500万円】=【4000万円】

このように中古マンション+リノベーションをお考えの場合は「総額」を見る必要があります。それには物件やリノベを一括して相談できるワンストップ・サービスの業者に相談することが成功の近道です。

リノベーションの費用

何をするか、何を選ぶか、物件の状態によって費用は大きく変化すると申しました。まずは、リノベーションにかかる費用の内訳を知っていただき、費用感を理解していただきたいと思います。

・設計費

お客様のご希望を実際に実現させるために、プランニングをしてご提案したり、設計や図面を起こしたりする費用です。

・基本工事費

既存の設備や内装を解体し撤去・処分する工事費用および木工事・内装工事・給排水・電気配線工事などが含まれています。

・設備機器・資材費

システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台や便器などの住宅設備および、リノベーションに使われる床材、建具等の費用。

・オプション工事費

新たに設置する造作家具・造作建具や、既存設備の補修等を行う際に発生する工事費用。

・諸費用

現場管理費や書類作成・申請に関する費用などが含まれます。

ワンストップ・サービスを利用するメリット

中古物件を探すのは不動産業者、リノベーションは設計事務所・工務店、資金は銀行と中古マンションを買ってリノベーションをお考えの場合、様々な業者との交渉や事務的なやり取りが煩雑になります。時間や労力は想像以上です。さらに、複数の業者間でのやり取りで問題となるのが施主様のご希望と意思疎通の不備です。

一方、物件探しからリノベーションまでを一括で相談できる会社なら、お客様のご希望の暮らしから物件のご紹介やリノベーションプランのご提案までをトータルでサポートすることができ、満足度の高い成果を生み出す可能性が高まります。

トウケンホームのワンストップ・リノベーション

トウケンホームでは、物件探しのお手伝いからリノベーションの設計施工、アフターフォローまでをワンストップでサポートしています。リノベーションプランでは「明るく豊かな暮らし」をメインコンセプトに、こだわりや好みを取り込んで「素敵でオシャレな空間づくり」が得意です。

中古マンションを買ってリノベーションをしたい!とお考えなら、できるだけ早くご相談ください。その際にご予算とご希望をしっかり伺います。叶えたい暮らしを実現するために様々な観点からご提案いたします。

メールでのお問い合わせ リンクバナー
  • お電話でのお問い合わせ Tel:0120-63-7895
  • メール
  • メール
Copyright© 2018 有限会社 藤建ホーム
TOKENHOME.All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd アババイ.