トウケンホームのWEBマガジンはこちら!

WEB MAGAZINE

WEB MAGAGINE

住まいを考える

2022/01/21

衣装持ちもお悩み解決!手持ちの衣装が見渡せるオープンクローゼット
投稿者: 松本晋
衣装持ちもお悩み解決!手持ちの衣装が見渡せるオープンクローゼット 写真

思い切って一部屋をクローゼットにした成功例

中古マンションを購入して、入居前にフルリノベーションをしたM様邸。

既存の間取りを大きく変更し、玄関前の洋室を大きく開口してウォークインクローゼットにしました。

家族全員の衣装と靴を一箇所にまとめて収納します。

最大のメリットは家事動線

毎日の洗濯ものを畳んだ衣類を一箇所に持っていって収納できることが最大のメリットです。収納場所が分散しないので時短になっています。

各部屋に余分なタンスも必要無くなるのでスッキリ暮らせるのも狙い通りです。

オープンクローゼットにしたことによる副産物

もともと洋室だった部屋のドアを撤去して、壁も取り払うことで、玄関から続く大きなスペースにしました。衣類と共に靴も同じエリアに収納することで出かける時はこのクローゼットで外出コーディネートが決まります。

また、開口部の広いクローゼットなので、玄関を開けると目に飛び込んできます。見える収納だから整理整頓を自然と心がけますし、手持ちの衣類もひと目でわかるので、衣服購入のときもクローゼットを思い浮かべれば選択しやすいという副産物もあります。

ウォークインクローゼット収納のコツ

ハンガーで吊るすものと棚や引き出しに畳んで入れるものの区別とルールを決めると片付けやすくなります。

定位置を決める

  • 吊るす

コート、ジャケット、ワンピース、スカート、パンツ、ブラウス、スーツなど

  • たたむ

Tシャツ、下着、ニット、パーカー、デニム、部屋着など

  • 雑貨

バッグ、帽子、手袋、マフラー、ストール、スカーフ、ベルト、アクセサリー、腕時計など

  • 衣類以外

スーツケース、寝具、季節家電、イベント用品など

季節によってエリアを使い分ける

シーズン時は手前に持ってくることで使い勝手が格段によくなります。適度に配置を変更することで所有しているものの把握や処分のきっかけにもなります。

洗濯物をたたむエリアがあればベター

毎日の洗濯物をたたむエリア(腰高のチェストの上など)があると家事もはかどります。

詰め込みすぎない

収納物は全体の8割程度にすることで、使い勝手をキープすることができます。風通しもよくなるので、防湿・防虫の観点からも有効です。

美しい状態を保つためにも8割を超えたら不要なものの処分も検討しましょう。
 

メールでのお問い合わせ リンクバナー
  • お電話でのお問い合わせ Tel:0120-63-7895
  • メール
  • メール
Copyright© 2018 有限会社 藤建ホーム
TOKENHOME.All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd アババイ.