トウケンホームのWEBマガジンはこちら!

WEB MAGAZINE

WEB MAGAGINE

営業最前線

2020/06/26

リノベーションのお金にまつわるお話【住宅ローンと各種取引】
投稿者: 松本晋
リノベーションのお金にまつわるお話【住宅ローンと各種取引】 写真

東京は梅雨まっただ中ですね。毎日ジメジメとして蒸し暑い日が続いています。

私はあまり好きな季節ではないのですが、「雨が好き!」という方もいらっしゃるかと思いますので、梅雨ディスはこのへんにしときます(笑)

さて、今回は中古住宅を購入してリノベーションしたいとお考えの方。住宅ローンをお考えの方に、各種取引の流れと融資の準備を関連付けてお話したいと思います。

住宅ローン 、 売買契約 を含めた取引の流れ

新しく住まいをお考えの方、同時にリノベーションをお考えの方、その実現のために様々な問題と条件をクリアしなければなりませんが、最初にして、最大の問題が「資金」ではないでしょうか。

物件購入費用+リノベーション費用でかなりまとまった金額となりますので、多くの方は金融機関からの融資、いわゆる住宅ローンをご利用されると思います。

そこで、住宅ローンを含めた取引全体の流れをお伝えします。

①中古マンション購入→不動産決済まで

通常の中古物件購入→不動産決済までの流れであれば、住宅ローン関係と売買関係のやり取りを2本平行して進めるイメージです。

②中古マンション購入→不動産決済→リノベーション完了まで

中古マンション購入+リノベーションの場合は、リノベーション費用も含めて住宅ローンを組むことができますので、初期のリノベーションの見積の段階で、ご自身の望むプランの最高額で概算見積を取っておき、金融機関での事前審査を通しておくと安心です。

そのためにも物件を探し出すのと同じタイミングで、金融機関とのやり取り・リノベーション業者とのやり取りも併せてスタートしておくことが望ましいのです。

その際、物件探し→リノベーションプラン作成→実際の工事→着工・引き渡しまで、一貫して対応できる業者をご選択されれば、各方面とのやり取りがスムーズになりお客様のご負担を減らすことができます。

まとめ

物件はあっち、リノベーションはこっちとなるとお打ち合わせも想像以上に大変なものになります。

トウケンホームでは、物件探し・資金のご相談・プラン・設計・施工をワンストップでお手伝いしております。また、直接お会いできないときは、リモートでテレビ会議でのお打ち合わせも可能です。

中古マンションをリノベーションして自分らしく暮らしたいとお考えの方、ぜひトウケンホームにご相談ください!

メールでのお問い合わせ リンクバナー
  • お電話でのお問い合わせ Tel:0120-63-7895
  • メール
Copyright© 2018 有限会社 藤建ホーム
TOKENHOME.All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd アババイ.